忘れがちな「大事な言葉」♪


いつでも「ありがとう」を♪

あなたは、人からどんな言葉をかけられると嬉しく感じますか?
キレイと言われたい人もいるでしょう。
センスがいいと言われたい人もいるでしょう。

でも、誰もがいつだって欲している言葉、それは感謝の言葉。
つまり「ありがとう」ではないでしょうか。

わたしたちは、絶対にひとりで生きていくことはできません。
いつも誰かとつながっていたいと思うものです。
そして、誰かに必要とされる自分でありたい、と願っています
Kazukihiro171227DSCF8427-Edit_TP_V

誰かから「必要とされていること」をもっともダイレクトに教えてくれる言葉
それこそが、「ありがとう」という感謝の言葉なのです

わたしは感謝された。
わたしはこの人から必要とされている。
わたしの存在が誰かの役に立っている!

そう実感できたときの喜びや充実感は、ちょっと他では得られないものです。
ですから、いつでも「ありがとう」の言える自分をつくりましょう
たったひとりの「ありがとう」が、あなたの人生を大きく変えてくれる言葉になるのです。

MIZUHODSC_0298_TP_V4
しかし、日本人はこの「ありがとう」があまり上手ではありません。
海外のレストランでは、お客とウエイターの間では「Thanks」。
といった感謝の言葉が頻繁に交わされています。

ところが、日本のレストランではどうでしょう。
注文を受けたウエイターは「かしこまりました」。
料理が運ばれてきてもお客が口にするのは「どうも」や「すみません」。

ようやく「ありがといございます」の言葉が出てくるのは、精算のときだけです。
日本人の多くが「ありがとう」を言うべきとき。
へりくだって「すみません」と頭を下げてしまうのです。

これでは感謝の気持ちなど、まともに通じません
「すみません」は謝罪の言葉だからです

いつも「すみません」と口にしている人。
そのつもりがなくても、どんどん謝罪を重ね、自己像を低いところへ押し下げてしまいます。
感謝すべきときにも、「また人に迷惑をかけた」と考えます。

一方、いつも「ありがとう」と口にしている人。
世界中の人たちが自分の味方になったような感覚を抱くことができるのです。

もちろん、そうすればどんどん自分のことを好きになります
自分の生きる世界、自分の周囲の人たちを好きになっていくことができます

日本人が持つ謙遜や謙譲の文化は、それはそれで美しいものだと思います。
しかし、感謝すべきときには、しっかりとその気持ちを伝えなければなりません
そして他人に感謝できる心を持つ人だけが、周囲の人からも愛され、感謝されるのです

無題3
チャットレディさんも「ありがとうございます」の言葉はあたり前に出てくると思います。
その言葉は、お客様への感謝の言葉です
お客様があなたに必要とされていると感じてもらえることができる言葉なのです

ありきたりの言葉でありながら、大切な意味を含んだ言葉です。
だからこそ、心を込めて惜しみなく使っていきたいものです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム