チャット中会話に困った時の、簡単テクニック


会話術チャット中に沈黙になってしまい、困ってしまったなんて場面よくありますよね。

ここからは「チャット中の会話をコントロール」する「質問の仕方」について、お話したいと思います。

時間配分ってわかりますか?

「口下手」でも大丈夫な「チャットの会話術」とは、会話中の「相手が話している時間」と「あなたが話している時間」の配分ということです。

もし、あなたがいわゆる「口下手」な場合は、自分の話す時間をぐっと少なくすればとても楽に「会話」ができます。
自分の話す時間を減らすには、相手に質問をするようにしましょう

相手の話を聞きだす質問の仕方

では何を質問すればいいの?と思いますよね。よく言われるのが「5W2H」です。

Who(誰が)、When(いつ)、Where(どこで)、What(何を)、Why(なぜ)How(どう)、How much(いくら)を聞く方法ですね。
確かにこれは基本ですし、使うと便利です。

例えばAさんが「最近この映画を見ましてね。なかなかおもいしろいですよ」と話したら、

Who(誰が):どなたが出てるんですか?
When(いつ):いつ観たのですか?
Where(どこで):どこの映画館ですか?
What(何を):何についての映画ですか?
Why(なぜ):どうして観ようと思われたのですか?
How(どう):どうでした?
How much(いくら):(今回の例だと不要かもしれません)

こんな具合でいくらでも質問ができます。

そして、あとは相手が答えることになりますので、あなたの会話する時間はかなり少なくなります。「聞いていればいい」という状態になります。

そうはいっても、注意も必要!

ただしここで、この「5W2H」の「使用上の注意」があります。それは連続して使用しないこと。

続けて「5W2H」ばかり聞いていると答えるほうはまるで「尋問」を受けている感じになってしまいます。

ですから、必ず一度「5W2H」を使ったら、「なるほど、そうなんですか!」と言った具合に自分の感想や意見を入れてみてください。

私生活でも使える会話術になりますので、ぜひチャットでも活用して、常連さんをゲットしましょう!


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム