「沈黙」はチャンスと捉えよう♪


沈黙を恐れるべからず♪

会話では「話すこと」をメインに考えてしまうのが当たり前と思われています。
ですが、常に発言し続けなければいけないということに縛られてしまいがちです。
それでは、心地いい時間を楽しむどころではなくなってしまいます。

また、常に会話にミッションを感じていませんか?
相手を楽しませるとか笑わせるとかにあまり捉われるすぎるのは考え物です

関係性がごく浅いうちは、不安になったり、あせったりもするでしょう。
それは誰でも感じる当たり前のことです。
だから沈黙で自分をダメだと思ったりしないことです

「誰にでもあること、こんな自分でもよし」と、まずは落ち着くようにしましょう
少しは関係性が出来てきた相手なら、沈黙はチャンスだと意識することから始めましょう

お互いが、沈黙に不安になったり、なんとかしなきゃと気をつかわない。
そのくらいになれば、二人の関係は親しさを増し、相性も良いかも...。
このようなことが、わかる機会になります。

まずは沈黙がきたからといって、あわてて話題を探すことはやめてみましょう
ただし、不安げな表情になれば相手が困ります
これではその表情で関係にひびが入ってしまいます。

できるだけそ知らぬ顔で、沈黙の行方を見守りましょう
最初はあなたの心が落ち着くまで、少し時間がかかるかもしれません。
でもだんだん慣れるので、最初だけ頑張ってください。

YUKA863_ok15185909-thumb-815xauto-18589

相手から言葉をかけてくることもあるでしょう。
あなたが無理に会話をつなごうとすれば、相手の言葉は減ります

すでに相手のイメージが、あなた主導で会話が進むと思われている。
そうなれば、相手は相づち程度の言葉しか言わなくなっているかもしれません。
あなたが言葉を減らすことで、相手からの言葉を引き出す場合もあります。

今まで頑張って沈黙をなくしたきた人ほど、二人の会話の変化を感じるはずです。
最初は短めの沈黙から練習してみてください

少しの沈黙の間、相手の表情が特に変っていなければ、気にしなくていいとわかるでしょう
そして「あ、知ってる?」などと思い出したように会話を再スタートしてみてください
今までの沈黙がなかったかのように会話がスタートすれば、相手との相性は悪くなさそうです。

「ダメなこと、盛り上がっていない証拠」というイメージを変えましょう。
「長くつき合っていける相性の良い相手かどうかを判断する材料」と意識しましょう
沈黙がステキな未来を想像する手がかりに思えてきます

kannyou
そして沈黙を恐れずにすむと、なぜか話がしやすくなるものです。
こんな話をしても盛り上がらないないだろうなどと、考えずにすむからかもしれません。

思いついたことを話す、相手が何か言う、そして沈黙
またどちらかが何か言う、そして一言二言話す、そして笑う
また沈黙...こんな時間も、穏やかな時間に感じられるものです

なかなか会話がうまくいかないというチャットレディさんも、沈黙を恐れることはありません。
うまく会話が繋がらなくても、それはそれで初々しさで好感が持たれる場合があります。
沈黙をマイナスと捉えずチャンスと考え、徐々に会話に慣れていきましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム