チャットの簡単テクニック


お客様は意見ではなく「反応」を求めている

お客様が話している時に何か反応しなくてはと思い、微妙なところで口を挟んでしまい、お客様を話しづらくさせてしまった経験はありませんか?

そもそも、お客様がチャットレディに求めているものはなんでしょう。
それは反応です。

ちゃんと聞いてくれているのか、自分の話に興味があるのか、喜んで聞いてくれているのか、を気にしながら話しているのです。

必ずしも返答を求めているわけではありません。チャットにおいて、相手のネガティブは発言を正す必要はありません。相手は問題解決など求めていません。ただ話を聞いて欲しいだけなんです。話を聞いて、理解して、共感する。これだけでお客様はあなたを気に入ってくれるでしょう。

いちばん簡単な返しは頷きです。

では、お客様が嬉しい反応とはどういう状況のことでしょう。
ここで、いくつか例を挙げてみましょう。

1.目(カメラ)を見てちゃんと聞いてくれる
2.話の内容に表情で反応してくれる(おもしろい話には笑う、深刻な話には心配そうな表情をする)
3.ときおり頷いてくれる(首を縦に振る。「うん」と言葉で頷く)
4.言葉で肯定してくれる(「おもしろいですね。」「すごいですね!」など)
5.中身を質問してくれる(「それって何ですか?」と強い興味を示す)

会話が弾むというのは、聞き手がこれらの反応を上手に組み合わせながら「反応」することで、話し手が楽しく話す状態が続くことです。
こちらが口を挟まなくても、1.2.3の反応を見せるだけでも相手は喜んで話してくれるはずです。

つまり、目(カメラ)を見て、表情と頷くことを使いこなせれば、頷くだけで「あなたと話していると楽しい」とお客様に思わせることも可能なのです。

ただし、注意すべき点は、表情と頷きにおける過剰反応です。さほどおもしろい話ではないのに爆笑したり、ずっとうなずき続けてしまったり・・・・。

相手が求めているのは、自分の話への反応であって、過剰反応ではないのですから注意が必要です。
基本は相手の方を見て話を聞き、ときおり頷き、状況に応じて表情で反応します。

余裕があれば話に共感したり、さらに質問をして会話を盛り上げるぐらいの気持ちで返すと、相手は心地よく会話してくれるでしょう。

会話は「しゃべる」と「聞く」で成り立っています。そう、聞けばいいのです! 初対面でアガってしまう人の大半は、この「聞く」ということができていないのが実情です。

  • 相手を乗せるには適切な「反応」が大切。目を見て、頷くことを基本に、笑ったり、驚くなどのバリエーションをつけて会話を盛り上げよう。

ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム