「媚薬効果」で惹きつける♪


香水で媚薬効果を高める♪

香りや音は直接本能を刺激します。
「香りで惚れた」「声で惚れた」と、それだけで恋に落ちてしまうほどです
ダイレクトに影響するということです

香り、音、感情
これらの3つは「目に見えない」という共通点があります。
人間は、こうしたモノを「空間の一部」としてとらえています。

「空気が重い」というのは、感情を空間でとらえている証拠。
香りや音がその場の空間をガラッと変えることは、経験上わかると思います。

自分の好きな香水にクラクラしたりする。
または音楽でトランス状態になることは誰にでもあることです。

つまり香りと音楽には、明らかに媚薬効果があると考えられます
(普通の香水、普通の音楽でも)

なので、「香り」を上手く使いこなせれば、相手を魅了することができます
そして、引き止めておく一つの手段になるのです

ビリヤード

香水選びの初心者は、まず「爽やかな香り」を選ぶのが鉄則です。
爽やかな香りなら万人受けするので適度に良い印象を与えられます
あまり爽やかすぎて香りが薄いと、つける意味があるのか疑問に思う人もいるでしょう。

しかし、最初の頃は香りで勝負しなくてもいいのです。
「香水をつける」という行為によって、ファッションに気を使っている。
それを相手に伝えることが、大事なのです。

香水をつける場所のポイントは、次の2つ。
血管がある体温の高い場所(香りがよく拡散するため)
直射日光の当たらない場所(紫外線で匂いが変わってしまうため)

香水は基本的に肌に直接つけるものなので、手首と耳の後ろにつけるのが定番。
局部など、鼻の直接下にあたる部分につけるのはNGです。
(直に香水が鼻を刺激してしまうため)

ただ、手首や耳の後ろでは香水が主張しすぎてしまいがちです。
つけすぎには注意が必要です。

ヒザの裏側、足首、腰などにつけると、ほのかに香って自然な雰囲気を出せます。
「香りをつける」よりも「空気を身にまとう」ように考えてつけるのが一番です。

つけているのかどうかわからない、でも時々ほのかに香る」。
こういう風にさりげなく空気を変えるのが良いのです

香水

さて、香水は直接本能を刺激するので、「香りで惚れた」なんてコトも起こり得ます
もちろん普通の香水でも、香りで惚れることは十分あります。

どんな香水が相手を惚れさせるかは、その人の好みによって違います。
しかし「相手を自分にハマらせる香り」には、あるポイントがあります。
それは、「クセのある香り」。

クセがあっても独特の香りは、好き嫌いが非常に分かれます。
でも、もしその香りを好きになったら、非常に強力な威力を発揮します
つまり、媚薬効果が非常に高いということです

特徴が強いコトによって、相手へ強烈な印象を与えられるからです。
もしも相手がその特徴的な匂いを好きになったら...
「その香水=あなた」という刷り込みが行われます

そのため、他の場面でその香りをかいでも、ついあなたのことを思い出すということです。
このように、クセのある香りを意図的につける効果
それは「相手を自分にハマらせる」ということです。

2香水 

好き嫌いが別れるので匂いが合わない人もいます。
もし相手がハマってくれたら、媚薬効果はかなり高いのです。

チャットレディさんにも意中の男性がいると思います。
ぜひこの方法を使ってみてください♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム