「ビジョン」を明確にしょう♪


最高の自分になってみる♪

「最高の自分」「理想の姿」について、どれほど想像していますか?
「なりたい自分」のビジョン(展望)が、明確になっている
すると、無限の可能性である潜在能力は、そのビジョンの方向へと導いてくれます

逆にいうと、ビジョンやイメージがなければ、叶うものも叶いません。
それはちょうど「乗り物はあるが、行き先がない」状態のようなものです。
ですから、「想像すること」「想像力」「イメージ力」は、案外、大事なことなのです。
hon

想像することが苦手」という場合。
単にイメージ力が訓練されていないばかりだけではありません。
「できるかできないか」「よいか悪いか」で考える習慣ができていることが、多いようです。

「できるかできないか」で考える分、行動し、チャレンジすることに臆病になります
「よいか悪いか」で考える分、世間体や罪悪感にとらわれたりします

なので、夢や目標があっても、スムーズに前進ができなくなるのです。
その引っかかりを解くために、無条件に「どうなりたいか」...
それについて想像する力を養うようにしましょう

hon2

夢や目標をイメージしよう♪

これから、どうなれたら最高?
どうなりたいか」を、できるだけたくさん書き出してみましょう。

「どうなりたくない」ということばかり出てきてしまう場合
それを書き出してから、それを反転させるとどういう言葉になるか、考えてください。
例:「苦しんでいたくない」→「いつも楽しい自分でいたい」など。

閉じた目の中、前方に、思い描いてみてください。
そうなっている自分
そうなっているところ」を描きながら観ていきましょう。

想像することは自由で楽しいことです。
想像することは、貴重なことです
人生を楽しむように「思い描き」を楽しみましょう。

「最高の自分」のイメージを自由に楽しむことができましたか?
「最高の自分」「なりたい自分」になるために、イメージと仲良しになる必要があります

これからなろうとしている自分との一体化です。
そのスタート地点とは「想像を楽しむこと」にほかなりません

KZ1796055_TP_V
自己啓発系の方法などで目標に向けてがむしゃらに頑張った。
でも今ひとつ成果が出ない、というような場合。
非意識に「なりたい自分」への違和感を抱いていることが多いのだと思います。

「イメージすることを楽しむ」ことをひとつの課題としてください
チャットレディさんもビジョンを持って日々お仕事を頑張っていると思います。

時には挫けそうになることは誰しもあることです。
そんなときは、また原点に戻って自分のビジョンへの立て直しをしましょう

イメージすることが終着点ではありません。
夢や目標を「現実」にすることが終着点なのですから


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム