「美人」が美人であるために♪


身のこなし方...タブーを知ろう♪

どんなに美しい女性でも身のこなしひとつで、すべてが台無しになってしまいます。
急にこれまでの自分の立ち振る舞いなどは直せないかもしれません。
しかし、これだけは気をつけたい、タブーを知っておきましょう。

足を開いたり交差させて立ってはいけはい
このタブーな姿もなぜか、美しい人は遠くから見ても美しいのです。
美人がなぜきれいかと言うと、いつも自分は人に見られていると意識するからです

いつも美しくなければいけないという意識がそうさせます
それが美人をいっそう美しくさせます
そうではない女性は諦めてしまい、ますます美人との差を開きます。

美人は、自分はいい女と、これ見よがしの態度をしているうちはたいしたことはありません。
それが自然な身のこなしになったときに、ホンモノの美人ができあがります
すーっとした感じで立っているときの女性は、身のこなしが美しいのです
imari20160806510416_tp_v

公共の場で足を組んで座らない
この場合も、時と場所によります。
椅子にかけた女性が、スラリとした足を組むのは、色っぽい表情があって素適です。

組んだあとに、スカートの裾を指先で直すしぐさは、新しい女性の美しさです。
男性と違ってむずかしいのは、ここで足を組んでいいかどうかを判断する必要があります。

足を組むのがクセになってしまい、服装に関係なく足を組む人が多くなってきました。
電車やバスの中でもそうです。
通路を盛んに人が歩いているのに、足を組んで邪魔になっている女性もいます。

肝心なことは、そのことに女性が気づかないことです。
女性特有のやさしさを疑われたら、美しさも台無しです

見えないと思っても靴のかかとを脱がない
どんなに立ち振る舞いが美しい女性でも、その後ろ姿にがっかりすることがあります。
それは靴のかかとを、足の裏に踏みつけていることがあります。

後ろ姿も身の内です
全身にいつも神経を働かせるのが女らしさです

車内で大声でしゃべらない
女性におしゃべりをしなように注意するのは、とても無理です。
それが車内に響き渡る大きな声という場面をよく見かけます。

声の大きい女性は下品だとされている時代もありました。
それは今も同じです。
つい我を忘れさせるのが、女性のおしゃべりなのです。
bis151026304113_tp_v

相手の話には「うなずき」を忘れない
まわりで、友達が多いと思う人は、おしゃべりではなく、他人の話をよく聞く人です
相手に気持ちよく話せるコツは、相手の要点で、うなずいてあげることです

これは女性の得意分野です。
なんでもないことのようですが、このしぐさほど、女性の愛らしさを感じさせます
うなずいた時に、かすかに揺れる髪の動きは、うなずきにいっそう女らしい風情を添えます。

美しい身のこなしをしたときには、表情もまた美しいものです
美しい表情は、美しい身のこなしを感じさせます

笑顔ひとつでも同じです。
すべてにおいて美しい身のこなしが完璧。
しかし、笑うときに大口を開けて歯茎が丸見えだと興ざめされてしまいます。

一度鏡に向かって笑顔をつくってみることです。
思わぬ身のこなしを発見できるはずです。


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム