「美肌」は女性の宝物♪


肌色を見て、洗顔料を決める♪

肌色は毎日違います。
明るい日もあれば、どんよりくすんだ日もあります。
ファンデの色で言えば、平気で2段くらいの差になるのではないでしょうか。

その差を決めているのは、水分量と角質の状態です
肌に水分がたっぷりあって、肌表面に古い角質がたまっていない整った状態。
そうならば、肌色はその肌が描く最高の明度を示すはずです

たとえば肌色が暗い日は、古い角質を穏やかに取り除く洗顔料を使いましょう。
ほとんどの場合肌色の明るさが蘇ります。
できればオイルタイプとフォームタイプを両方用意しておきましょう

skincareIMGL8011_TP_V

自分の肌色を左右する犯人をつきとめる

透明度ゼロ、色といい質感といい、まるで肌が粘土みたい...。
そういうくすみ方の犯人は極度の水分不足です

古い角質がかたまった結果であるとも考えられます。
でも、粘土のように内側から堅そうな肌は、もともとオイリーぎみなのです。
肌表面がカサつくなどの症状はあまりないものの、肌の保水力そのものが低下しています。

肌の中の水分タンクはカラカラというケースも少なくありません。
こういう場合は、単なる保湿ではなくバリア強化と細胞活性でうるおう力。
そして、とどめる力の両方を高めるひとつ上のお手入れをしましょう。
skincareIMGL9322_TP_V

☆すすけた肌色には角質ケア
何となく肌に一枚、雲がかかったようなよどみ感があり、ツヤも透明感もない。
それは余分な古い角質が肌にたまるためのくすみです。

生理前などに起きやすく、角質肥厚に皮脂分泌過剰が重なれば、当然のことです。
そして「大人のニキビ」も出やすくなります。

いわゆる角質ケアをすればたちまち戻るはずです。
同時にうるおいもきちんと与えておきたいものです。
この角質ケアも肌の大掃除として、週に1~2度はお手入れに組みこみましょう

顔全体ではなく、肌が硬くなりやすい口のまわりなどに絞ってお手入れする。
これらの工夫も必要です。
ですが、肌の大掃除は効果てきめんです。

☆うすやけ色ムラにはもちろん美白
ほんの小一時間、外にいただけで肌が何となく黒っぽくなった。
そんな経験があると思います。

UVケアはちゃんとしていたのに、なんで?と思うでしょう。
その日のうちに肌がうす焼けする原因は、シミの原因となるUVBではありません。
むしろシワの原因として知られるUVAにあります

日焼けによる肌色のくすみはもちろん美白を続けるのが一番です。
従来のシミルートとは異なる、うす焼けの原因にも叩きかける幅広い美白を心がけましょう

いずれにしても年間通じて美白を欠かさない人の肌はぜったい明るいのです
地道な予防美白がモノを言う世界です。

skincareIMGL7880_TP_V
「色白は七難隠す」ということわざがあるくらいです。
久しくスキンケアを怠っていた方は今からでもゆったり気分でお肌を労わりましょう。
美肌で美白のチャットレディさんは誰よりも目を惹くはずです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム