「美」は執念


思いのある人にだけ与えられる”美”

鏡の中の自分の顔を見て「ここがもうちちょっとこうだったらいいのに」と思うのは誰でも同じ。
「鼻がもう少しツンと高かったら」
「アゴがもっとすっきりしていたら」
「目が二重だったら」など、嫌なところを上げたらきりががありません。

その嫌いな部分から目をそらさずに
「鼻よ高くなれ」
「シャープなアゴになれ」
「くっきり二重になりたい」と念じてみてください。

「どうせ」と諦めてしまったら、そこでおしまいです。
「美しくなりたい」と、いつも心の中で念じることが自分の顔を変えていきます

ツンとした鼻になりたくて、毎日鼻の頭をつまんでいたら高くなった。
キレイな二重になりたくて、自分で二重を作っていたらいつのまにか二重になった。
キレイになりたいという一念で努力して、実際にキレイになった女性は沢山います。

美は執念。「キレイになりたい」と執念を燃やす人だけが、美しさを手に入れられるのです。
メイクをするのが面倒くさい、どうせ何をやってもダメだから。
こんな風に面倒がったり、諦めたりする気持ちの代償は老け顔を作ります。

怠け心につい負けてしまうのが人間というもの。
女性は本来ズボラで怠けモノです。
日々、肌のケアやメイクをすることに、面倒くささを感じてる肩も多いでしょう。

「面倒くさい」に負けて何もしなければ、肌はカサカサになっていきます。
「どうせ」と諦めてしまえば現状は何も変わりません。

努力したものには結果が与えられ、怠けた者には罰がくだされる。
これが、美容の法則です。

鏡をきちんと見ていますか?

あなたは一日に何回鏡をみますか?
朝のメイクのとき、メイク直しのとき、夜のスキンケアのとき。
多くの場合はおそらくはこの程度ではないかと思います。

鏡は女性にとっての必需品。
けれども、きちんと鏡の中の自分と向き合ってる人は少ないと思います。
鏡は一日何回も覗いてください

ノーメイク状態の自分の顔を鏡にうつす。
薄暗い蛍光灯の下ではなく、家中で一番明るい所で自分を正視する。
そのとき、決して笑わずに真顔でじっくり向き合ってみる。

明るい所で自分を見るのは、なかなか勇気のいることです。
自己イメージとは、まったく違う、別の自分が見えてしまうかもしれません。
それほど、人は、普段自分の顔を正面からしっかり見ていないのです。

正面を見たら、次は様々な角度で見ていきましょう。
人と話してるとき、コーヒーを飲んでるとき、下を向いてるとき、斜めを向いてるとき。
日常生活の中で横顔や斜めからの顔を人に見られる機会は多いのです。

横顔や斜めからの顔というのは、自分でチェックできない場所。
ところが、この角度は年齢や精神的なものがもっとも表れやすい角度です。
正面を向いて化粧しているだけでは気づきません。

三面鏡や大きな鏡を使って全方位でチェックしたほうがいいのです。
何はともあれ美しくなったが勝ちです

チャットのお仕事は、待機中からお客様を惹きつける「メイク+表情」が必要です。
お客様を、鏡と思って、いろんな角度で自分を映し出してみてはいかがでしょうか。
自分の気づかない表情や角度にお客様が反応するかもしれません。

お仕事前に、いろんな角度で自分チェックしながら念入りにメイクしてみましょう。


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム