表情に「バリエーション」を♪


笑顔以外の表情も大切に♪

コミュニケーションには笑顔が大事です。
笑顔だけが大事という意味ではありません

いつでも、どんな状況でも笑顔でいるということは、ときに非常に失礼だからです。
大事なのは「表情で語れる人になる」ということです。

たとえば、相手から難易度の高い質問を受けたとき。
また、悩みや相談を持ちかけられたとき。
あなたはどんな表情をしますか?

笑顔でいたほうが好感度が高いと思いますか?
もしあなたが真剣だとしたら、笑顔である必要はありません。
むしろ目に力を入れた表情をすべきです

真剣な表情でなければ、相手は思うでしょう。
「真面目に考えてくれているの?」
「ふざけている?」と思ってしまうかもしれません。

説得力があると思われる人には、「表情にメリハリがある」「表情が豊かである」。
このような共通点があります。

もちろん、笑顔でいることによって、相手に安心感や親近感を与えます
そればかりではなく、外見的にいい印象を与えるのは確かです
そして、何かを説得するとき、笑顔が素適な人は得をすることも多少あります。

ただ、話の内容がシビアなのに表情が笑顔なのはむしろ不自然です。
「話を心で聞いていない」というふうに受け止められます。
このように、表情は心の鏡でもあります

相手に安心感を与えられる表情のポイントは目です
力強い目の印象によって、頼もしく聡明な印象になります

目

笑顔ではないからと言って「暗いのでは?」「元気がないのでは?」と思うのは間違いです。
笑顔は自信の表れでもあります。
一方では、時として、自信がないから笑顔に頼ると考えらます。

逆に、目に力が入ってないと、興味のなさが出てしまいます。
相手は話す気を一瞬でなくすでしょう。
注意が必要です。

感情を表情で表わすことで、説得力のある存在になれるのです
私たちが語りたいことを大いに代弁してくれる表情...。
それをもっと活用したいものです。

そのために、顔の筋肉を柔らかくしておきましょう
簡単なトレーニングのご紹介です。

① 「あいうえお」を言いながら、口がさけるほど思いっきり大きく口の筋肉を動かす
② ①を、スピードをつけて3回連続でくり返す
声を出さなくてもOKです。

朝、そしてお仕事の前に、ひとり練習をしてみましょう。
緊張してこわばった顔の筋肉が柔らかくなります。
そして、表情が変化しやすくなります。

口元

スポーツの前のウオーミングアップと同じです。
表情にもウオーミングアップを欠かさないことです。
笑顔以外の表情で語れるチャットレディになってみませんか♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム