自分を「甘やかす」ことも必要♪


「一生懸命」は美学とは限らない!?

「一生懸命」はよいことだと思い、とにかく頑張ってしまう。
ひとつの仕事が片付いたときにはへとへとになってしまう。

もう少し、ゆとりのある性格になりたい。
こんなふうに思っている人は多いと思います。

一生懸命に仕事をこなし、バリバリと働くのは悪いことではありません。
職場では頑張る人が尊敬され、頑張ることを悪いことだと思っている人はいないでしょう。

問題は、一生懸命さの度合いです。
ひと仕事を終えるとへとへとになってしまう。
それでは、気合いを入れ直して次の仕事にとりかかっても、元気は長続きしないでしょう。

では、どうしたら、ゆとりのある性格になれるでしょうか。
まず、何もかも完璧にこなそうと思わないことが大切です
ときには、手抜きだって必要なのです。

手抜きという言葉は聞こえが悪いですが、自分のペースを守る
そのときの自分のできる範囲でベストを尽くすということです
「手抜きなんかできない」と思うのなら、マイペースという言葉に置き換えてみましょう

まじめな人は、断りきれずに仕事をたくさん抱える傾向があります。
周りの人も、あの人なら引き受けてくれるというイメージができ上がっているものです。
なので、変わりなく仕事を言いつける人もいるでしょう。

そんなときには、その仕事をすぐにはじめずに置いておくという方法があります。
催促されてもあまり気にせず、「私には、これが精一杯です」という状況を説明するのです。
そのときはじめて相手も、これまで自分が言ってきた無理に気づくかもしれません。
IMARIC20160805310323_TP_V

もし、気がつかなかっとしても、あなたのほうは、まわりのペースで働く。
という感じが、自分のペースで働いている感じに変わるはずです

あまりに疲れ果てたら、無理をせず一日くらい休んでもいいのではないでしょうか。
なるべくまわりの人に迷惑がかからない頃を見計らって休むのです。
休んで体の疲れをとれば、心の疲れもとれてくるものです

この休んだ分は、明日からがんばろう」と考えることができるでしょう。
また、自分をほめて、自分を慰労する作戦も有効かもしれません
あなたはよくがんばった。えらい、えらい」と自分を甘やかしてやりましょう。

一区切りついたところで温泉に行くなどというのも、格好の褒美といえるでしょう。
休暇をとるなんてとんでもないという場合でも、いい方法があります。

仕事中に息抜きをするのです。
息抜きといっても、仕事を投げ出して露骨にサボるのではありません。
別の片付け物をやるとか、別のリズムでできることをするのです。

0I9A5633ISUMI_TP_V

窓から見える景色を楽しむのも、いい方法です。
昼休みに一人の時間をもつのも効果があります。
とにかく自分のペースで働く工夫をしてみましょう

無理を続けると、自分がしぼんでしまいます。
自分に空気を入れて、ふくらますことをたくさん考えてみてください
きっと、ゆとりのある働き方ができるはずです。
YUKA0I9A7452_TP_V

他にお仕事を持っているチャットレディさんもいるかと思います。
性格上、すべてまじめにこなさなければ気が済まない方もいるでしょう。

それによって、疲れた心身に追い込んでしまったなら、魅力も半減します。
自分に合った仕事配分ができる「デキる女性」になりましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム