「甘え.スキ」の上手な使い方♪


男性の負担にならない賢い甘え方♪

男性は、いつでも好きな女性にとって「頼りがいのある人」。
「尊敬できる人」でいたいと思っています。

ですから「私は自立した女なんです!」
このように男性に突っ張ってみせるのは考えものです。
「じゃあ、オレは必要ないってこと?」と男性をガッカリさせたらかわいそうです。

「新しいパソコン買ったんだけど、設定の方法が分からないの。教えてぇ」。
こんな、かわいい甘えなら、むしろ大歓迎。

もちろん機械オンチの男性にパソコンの設定を頼んだりしたら恥をかかせるだけです。
甘える時は、男性の得意分野を見極めてからにしましょう

「今度ご馳走して」とお願いするのも、「よしよし、分かった」。
こんなふうに男性の「頼られたい」願望をくすぐる範囲内の甘えです

max16011524-2_tp_v
だからと言って「あれが食べたい。これやって」。
これでは男性を便利扱いするのは単なるワガママ女性がやることです。

何かしてもらった時は、心を込めて感謝の言葉を伝えることを忘れないでください
「ごめんなさい。こんなこと頼めるの、あなたしかいなくて」。
「あなただから、私、甘えちゃうのね」。

自分にとってその男性は「特別な存在」だということをアピールする
それも男性に喜んでいただける話術です

黄色いバラ

誘われる美人のスキの法則

優等生で言動も人格も「立派」な女性がいます。
それだと少々とっつきにくく、スキがないと思われてしまいます。

女性はちょっと抜けてるぐらいがちょうどいいのです
「そんなこと知らないの?」と驚くような突拍子もないことを言い出す。
料理をやらせてみたらとんでもない「作品」を出してきたり。

「おい、おい。大丈夫かな、この子」。
思わず心配にさせる女性が、男性に放っておけない存在なのです

お掃除が苦手、方向オンチ、引っ込み思案...。
あなたが短所と思っているようなところが、男性にとって実は微笑ましいスキです
なので、短所は気にして隠すより、最初から見せてしまったほうがいいのです

YUKA20160818015914_TP_V
また、何かに夢中になっている女性にスキを感じるという男性もいます
一生懸命趣味や勉強、仕事に打ち込んでいる時。
他のことにかまっている余裕がなくて、周りが見えなくなっているものです。

そんな姿が「そばにいて守ってあげなければ」という男性の騎士道精神に火がつくようです
スキは計算して作るより、ありのまま「天然モノ」がいいよいうことです
射止めたい男性の前では、飾らないあなたでいいのです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム