次につながる「相づち」をしよう♪


つまらない相づちをしていませんか?

人の会話を注意深く聞いていると、同じ相づちをくり返す傾向が高いことに気が付きます。
同じ相づちを機械的に打っているわけです。

A「今日、家を出るときにね」
B「あー

A「友達がね」
B「あー

A「今日、どこでご飯食べる?って、言うんだけど」
B「あー

A「どこでもいいんじゃない?って言ったんだけどね」
B「あー、あー

こんな感じの会話をよく耳にします。
話しかけられた相手の相づちは、ずっと「あー」です。

その「あー」にもメリハリがあるかもしれません。
しかし、文字で表記すれば、すべて「あー」です。

では、こう変えてみるとどうでしょう。
少しニュアンスが変わっていきます。

A「今日、急いで家を出るときにね」
B「ええ

A「友達がね」
B「女友達?

A「うん、つき合いが長い友達」
B「それで?友達がどうしたの?

A「今日、どこでご飯食べる?って、言うんだけど」
B「急いでいるときに?行きつけのお店があるんでしょ

A「そうなの。それでそう言ってやったの」
B「いつものところでいいのにね
A「そうよね」

と、相づちを打ってみたら、きっと会話も盛り上がるでしょう。
そして、人の悪口を言いながら、共感が生まれるでしょう。

AL0012-uwamedukaiol20140722_TP_V

相づちは無意識で打ってることが多いものです。
そのことに本人はなかなか気づきません。
自分ではいくら真剣に聞いていても、相づちで失敗することも多いのです。

【相づちの種類】
相手の話をそのまま受ける相づち
「はい」

「いいえ」
「それはいいですね」

相手の話を引き出す相づち
「それからどうしました?」

「いつ頃のことですか?」
「具体的には?」

相手の話に反対する相づち
「ウソでしょう」

「信じられませんね」
「何かの間違いではないですか」

相手の話を変える相づち
「話は違いますが」

「先ほどの話に戻りますが」
「話は変わりますが」

相手の話を引き出す相づち】が会話を盛り上げるのはわかりますね。
会員様との会話で、気のない相づちを打っていた場合。

「自分に興味がないんだな」と相手は引いてしまいます。
そのような気持ちを与えることは避けたいものです

バラエティからも学べることがある♪

売れっ子のタレントは話の受け方が上手です。
自分の体験をおもしろおかしく語ることが主です。
それ以上に、相手の話をおもしろく受けることが大部分を占めています

誰でも知っている、○○家○○まさん。
「へー、そうなんや」「それで、それで?」という風に、相手に気持ちよく話をさせるプロです。

相手の話をどのように受けるかを声に出して練習しましょう
練習台はたくさんありまし、テレビからでも学べます。
BIS151026313517_TP_V

楽しくバラエティを観ているとき、ちょっと注意してみましょう。
チャットレディの会話に参考になることがきっとあるはずです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム