「アイ.コンタクト」が意味すること♪


好きな相手とは、視線が合いやすい?

人が会話中に相手と視線を合わせることを「アイ.コンタクト」と呼びます
恋愛中の二人はアイ.コンタクトが多いものです。
カフェや公園のベンチなどで肩を寄せ合い、見つめ合っている恋人がいい例です。

視線は、対人関係において重要な役割を果たします
視線を合わせることで、「あなたの話を聞いています」「わかりました」。
こういった気持ちを伝達するだけでなく、相手への関心や好意も伝えることができます

人間は、好きな人や関心のある人に対しては、頻繁に、そして長い間、視線を向けます
職場に好きな相手がいれば、ついそちらのほうを見てしまいます。
街で好みの異性を見つければ、つい目で追いたくなるものです。

これを裏返すと、アイ.コンタクトが相手の自分への関心度を知る手がかりになります
私たちが人と一対一で会話する場合。
相手の顔に視線を向けるのは、普通、全時間のうち30~60%だといいます。
GMKN_STUDIO_031_TP_V

それ以上になる場合
話の内容よりも、あなた自身に対して好意を持っていると見ていいでしょう

直視は、もともと相手に対する親和欲求が高いときに行われます。
恋人や、友人でもない限り、真正面から相手の目をじっと見つめるのは失礼になります。

視線の合わせ方にはタイミングがあります
相手の話の初めと終わりに視線を合わせるようにします
外す場合はさりげなく外したほうがいいのです。

ちなみに、状況が競争的、もしくは対立的なときに直視する人がいます。
そういう人は、支配欲求が強い人だといいます。
とくに女性はこの傾向が強いようです。
DI_IMG_5638_TP_V

「脈がある」のは、どんな視線?

もう一つ、視線の位置というのがあります。
大きく分けると、次の三種類です。

①下向きの視線
相手に対して自分が優位に立とうとする心理状態。
上司から部下、親から子など。

②水平視線
自分と対等な関係と思われる相手に対する心理状態。
友人や同僚など。

③上向きの視線
相手に対して受動的な心理状態。

相手に頼ったり、甘えたい気持ちを表す。
部下から上司、子供から親など。

上向きの視線というのは、いわゆる上目づかいのことです。
女性はしばしば好きな男性に対して、こうした視線を向けます。

話している相手が上目づかいに自分を見る場合。
彼(または彼女)はこちらに対して、尊敬に念。
あるいは甘える気持ちを抱いていると考えてよい。byアージール(心理学者)

HIRA85_kamibukurokaraderesou_TP_V
長い歴史を見ていくと、女性が生きていくにはどうしても男性の保護を求めます。
それが現代でも引き継がれているとも考えられます。

しかし、最近は年下の恋人を持ちたがる女性が増えているようです。
長身の若き男性が、小柄な女性に上目づかいをしている。
そんな光景も珍しくなくなるかもしれません。

しかし、男性の上目使いには抵抗があるのは確かでしょう。
とにかく男性の視線には注意を払いましょう。

相手が会話の60%以上をあなたの顔に視線を向けている...
それはあなたに関心がある証拠です
チャットレディさんは、その視線を逃がさないようにしましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム