「アドリブ能力」で会話に磨きを♪


マニュアルよりもアドリブを♪

上品な言葉遣いと聞いて、かしこまった案内嬢などを思い浮かべるかもしれません。
たしかに、そういう職業の女性たちはしっかりとした敬語を使います。
声のトーンや話すスピードも落ち着いています。

それでも、あれを「美しい話し方」とするには、腑に落ちない感じがあるでしょう。
彼女たちはマニュアルに従ってしゃべってるだけの機械的な話し方なのです。
いくら正しい敬語を身につけても、それで人の心を動かせるものではありません。

マニュアルのままにしか話すことが出来ない人。
そのまま知性を疑われてしまいます。

なぜなら、わたしたちが会話の中で知性を感じるのは対話力
また、アドリブの能力にあるからです。

トーク番組を見ていてもアドリブでコメントできない人。
いかにも、「教科書通り」の無難なコメントをする人。
そこからは、あまり知性を感じることができません。

会話のアドリブ能力はどのように磨いていけばいいのでしょう?
思いがけない話題にも臨機応変に対応できるには、どうすればいいのでしょう?

発想力を鍛える?
より多くの知識を身に付ける?
残念ながら、それらは二の次、三の次のことになります。

アドリブ能力を磨くのには、もっとも大切なのは「ボキャブラリー」(使える単語)です。
わたしたちが何かを考えるとき、それはすべて言葉によって考えられます。

そして、ここが大切なポイント!
私たちは「自分の知っている言葉」によってしか、物事を考えることはできません

ボキャブラリーが豊かになれば、話す内容も豊かになります
それは意識の豊かさをもたらし、品性の広がりも与えてくれます
さらにボキャブラリーが豊かになると、物事を的確になります。

その上、流れるように語ることが可能になります。
相手の話題にスムーズについていき、即座に反応することができるようになります。

つまり、おのずと会話のアドリブ能力も磨かれていくのです。
もしも自分の「話し下手」に悩んでいるのなら、まずはボキャブラリーを増やしてみてください。

新聞、辞書、あるいは小説と辞書を片手に、毎日5つの新しい言葉を覚えていく。
それだけで、思いもつかなかったようなことが考えることができるようになります
さらにより的確な表現で、自分の気持ちを正確に言い表すことができるようになります

そして、何よりも大切なコミュニケーション能力を飛躍的に高めることができるようになるのです
日本語はトップクラスに入る、複雑さとボキャブラリーを持つ言語です。
それを難なく使っている私たちは、それだけで言語の天才といえるのです♪

会話術


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム